Silkscreen

Silkscreen
森山 大道
2020/01/11 ~ 2020/02/22
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、1月11日(土)から2月22日(土)まで、森山大道個展「Silkscreen」を開催いたします。森山は、1960年代半ばより一貫して「写真とはなにか」を問い続け、「通過者の視線」と自ら称するカメラワークにより、日本写真史に大きな転換をもたらしました。タカ・イシイギャラリーでは3年ぶり、18度目の個展となる本展では、2013年に制作された大判のシルクスクリーン(絹など織り目の細かいスクリーンを通して、直接インクや絵の具を刷る技法)による作品を中心に、約7点を展示いたします。

被写体やそこに読み取られるストーリーを中心とする従来の写真観に疑問を呈し、あらゆる写真の解体と、断片としての映像の同一平面化により、叙情性の排除を推し進めた森山は、1970年代初頭には写真否定の果てに撮影主体の風化による「写真との肉離れ」を経験しました。「写真とはなにか」という問いを留保したまま、現状打開の試みにおいて、オリジナルプリントの評価へと向かう時代の流れと呼応するように、雑誌紙面を中心とした発表から、それまで敬遠していた展覧会におけるプリントの発表へと形式を転換し、その中でシルクスクリーンの制作にも熱中しました。

写真に先がけて絵画やデザインに親しんだ森山は、グラフィックを好み、メディアによって増幅されたイメージを複製し記号化するポップ・アートに影響を受けました。とりわけ、アンディー・ウォーホルへの強い共感は、『プロヴォーク』第3号に掲載された、缶詰やコーラなど商品の列を撮りコピーで諧調を飛ばした作品や、事故・事件など同時代を象徴する映像を、実写・複写、あるいはテレビ・新聞写真といったジャンルの区別なく示した「アクシデント」のシリーズをはじめとして、随所に見ることができます。また森山は、幼少の頃より街を歩きながら目にしたポスター、看板、映画のスチール写真やスクリーンなど、印刷物上で網目になった風景や人物に愛着を示しており、1960年代以降芸術の大衆化とともにポップ・アーティストが好んで利用したシルクスクリーンについて、網目を介した印刷技術という点で作家の性向との親和性を指摘することができます。

1974年3月に開催された「森山大道プリンティングショー」では、1971年に横尾忠則とともにニューヨークに1ヶ月滞在して撮影したプリントをその場で複写し、シルクスクリーンの表紙と合わせて製本した写真集『もうひとつの国』を即売、同年5月には、シルクスクリーンによる「ハーレー・ダヴィッドソン」展を開催し、同じイメージの繰り返しや、一枚の巨大な写真製版で刷りきった当寸大のハーレーを展示しました。

「ふっと気が変わると、写真を離れて急にシルクスクリーンとか何かやりたくなる」と述べているように、森山はその後も折に触れてシルクスクリーンを制作しており、作家にとって、写真の領域と可能性を広げる手段として、シルクスクリーンという印刷技法が重要な意味を持っていると言うことができるでしょう。

オープニング・レセプション: 1月11日(土)18:00 – 20:00