田代一倫写真展「2011-2020 三陸、福島/東京」

田代一倫写真展「2011-2020 三陸、福島/東京」
田代 一倫
2021/03/04 ~ 2021/03/28
コミュニケーションギャラリー ふげん社

田代一倫は、1980年福岡県北九州市八幡生まれの写真家です。九州産業大学大学院芸術研究科写真専攻終了。2006年から福岡市で〈アジア・フォトグラファーズ・ギャラリー〉の設立と運営に携わり、2009年から新宿「photographers’ gallery」に参加し、2010年に上京。現在は東京を拠点に活動しています。

本展では、田代一倫の2つの肖像写真シリーズを展示いたします。一つは、東日本大震災後の2011年春から2013年春にかけて被災地とその周辺を撮影し写真集にまとめられた「はまゆりの頃に」のシリーズ。二つ目は、2014年から 2020年の東京オリンピック開会式予定日の前日まで撮影された「「東京」2014-2020」のシリーズです。

田代の肖像写真は、被写体となる人物に声をかけて、カメラを真っ直ぐに見つめてもらう方法で撮影されます。全身を画角の中央に入れつつ、さらにその人が立つ場所の光景までを背後に収めて撮影されているのが特徴です。

「はまゆりの頃に」で、田代は、震災の一ヶ月後から約二年間で 1200人にのぼる人々を撮影しました。被災地に赴くきっかけを「インタビューに答えていない人の方の生活が気になったから」と作家が語る通り、肖像写真と添えられた短いコメントからは、メディアに「被災者」として切り取られる前の人々の日常を垣間見ることができます。外からやってきた「異物」であり「よそ者」である田代が撮影する時に生まれる人々との交流は、あらゆる境界線をゆるめ両者の間に柔らかい風をもたらします。

一方で、2014年ごろから、生活のために始めた警備のアルバイトの同僚を撮り始めたことをきっかけに、東京の肖像写真シリーズが始まります。都内の人々の歩行に「生活」のための計算された無駄の無さを感じて馴染めなかったという田代は、撮影行為の一瞬だけは、撮影者と被写体がそれぞれの「生活」を中断し、他者を認識して「見る/見られる」の関係になり、両者の関係は等しくなるのではないか、と言います。また、そうして人に見返されることに喜びを感じていたとも語っています。

コロナウィルス後の世界では、街中でマスクに覆われていない他者の顔を見つめる・見つめられる経験はほぼ無くなってしまいました。田代一倫の肖像写真は、今、新たな意味合いを帯びてきています。

東日本大震災から10年目、そしてウィズコロナ2年目を迎えようとする 2021年3月、「復興五輪」に向け準備が進む東京で、肖像写真に映るさまざまな人々の「生活」に思いを馳せていただければと思います。また、同時に、多くの肖像に見つめ返されながら、自分自身も一度立ち止まって、自らの「生活」を見つめ直す契機となりましたら幸いです。

 


作家ステートメント

私は、2011年の春から2013年の春まで、東日本大震災の被災地を含む、東北の太平洋側で人に声をかけて撮影した。そして、人物写真とその人の発した言葉や私が感じたことを覚え書きとして連ねる「はまゆりの頃に」というシリーズを発表し、最終的には写真集にまとめた。今回の展示では、そのシリーズを発表する。一年の中の多くを東北で過ごし、1200人以上撮影してきたことを中断した大きな理由は、経済的に身動きが取れなくなったことと、体力がなくなったからだ。

2014年からは、主に自分が住んでいた東京で撮影をしていた。出来る範囲で撮影するために始めたものであるが、幸いにも幾人かの方に具体的な発表媒体をいただき、「仕事」だと自分に思いこませて東京を撮り続けることもできた。「復興五輪」に向かい、少しずつ変化していく東京を撮っていると、やはり「中央」を肯定している違和感があり、離れてしまった東北に思いを巡らせることも多かった。被災地の現在を伝える番組を見ると「なぜ自分はそこで撮影していないんだろう?」と思ってしまい、しばらくはきちんと見れなかった。

思い返すと、震災直後に津波の被害が大きかった岩手県の大槌町を訪れた時、私は、車窓を見ながら、「この眺めと匂いは一生忘れない」と誓っていたのだが、いくら思いを巡らせてみても、その光景ははっきりとした像にはならないし、匂いに関しては全く覚えていなかった。自分が使う「一生」とか「忘れない」という言葉は、どれだけ信用できないかを感じていた。

だから、私は、毎年3月11日を複雑な気分で迎えている。東北での記憶の感触が薄れている私が何を思えば良いのか。今回の展示で、「節目の日だから思い出す」ということは言いたくはない。ただ、この十年を振り返っただけでも、東京と東北はいびつな表裏を回転させ、時間を経過しているようにも思う。忘れる、忘れないではなく、ずっと「続いている」ということなら、感じてもらえるかもしれない。そのようなことを東京の「ふげん社」という場所で、立ち止まって考えていただきたく、「「東京」2014-2020」というシリ ーズも同時に発表する。

 


■イベント(要予約)
3月13日(土)14:00〜
ギャラリートーク 田代一倫 × 金川晋吾(写真家)
詳しくは、ふげん社ウェブサイトをご確認ください。