原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」

原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」
原田 健一
2021/07/17 ~ 2021/07/27
gallery 176

開催概要
2003年新潟市にある新潟絵屋という、大正期の町屋を改装した画廊で写真展を開催させていただきました。 この写真展を企画してくれたG&S根雨の石井仁志さんと一緒に会場に来られたのが、当時新潟大学教授で今年3月に退職をされた原田健一さんでした。

原田さんとの会話の中で、原田さんが学生の頃から実験映像を制作されている事を知りました。私も写真を始める前に実験映像に興味があった時期があり、当時イメージフォーラムフェスティバル会場だったキリンプラザ大阪に通い、山崎幹夫監督の作品を観に京都のMETROに行くなどしていたので、原田さんの作品も観たいと思いながら、長い間観れずにいたのですが、昨年1月に新潟市にある砂丘館で開催された原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」で原田さんの動画作品と写真作品を観る事ができました。

観させいただいて、ぜひ gallery 176 でも展示していただければと、お声をかけさせていただいたところ、快諾していただきました。たくさんの方に、原田さんの写真作品、映像作品を見ていただければと思っております。

gallery 176 友長勇介

作品説明
映像『夢の中で倫理が生まれる』は、1996年アイルランドのアラン諸島の動画と、2019年にいがた島の写真によって構成された複合的な作品であり、プロジェクトです。2020年の現在から1996年のアラン諸島の記憶の夢をたどりつつ、 2019年に写された新潟の映像の記録をつなげる。「ここ」と「あそこ」を架橋しようとする試み。「あそこ」とはアラン諸島のイニシュモア、イニシュマーン、イニシィアの島々であり、「ここ」とは潟だったどこにも存在しない、にいがた島なのです。

「ここ」と「あそこ」、2020年の現在と、1996年の動画の世界をつなげるべく設定された場所は、にいがた島にある砂丘館でした。砂丘館では展示上映会場である蔵で堀川久子が踊り、写された映像との距離を埋めるべく、時にスクリーンをくゆらし、ゆるやかにゆがませ写されたアラン諸島の映像と身体をからませました。映画『夢の中で倫理が生まれる』は、2020年の砂丘館の展示上映空間を写し、そこでのパフォーマンスを記録しつつ、アラン諸島の動画へと移動し、再び、砂丘館の日本家屋での儀礼となり、再び島の映像となる。組み込まれた時間と空間が幾重にも重ねられ、過去と現在、目の前の現実とが複雑に交錯し、映像が創発する新たな時空間を現出させようとします。

原田健一

展示構成
 動画『夢の中で倫理が生まれる』 63分
 写真 A3のび(カラー、インクジェット)40枚
 A0版(カラー、インクジェット)3枚 他

企画:gallery 176 友長勇介

 


 

原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」
会  期:2021年7月17日(土)〜7月27日(火)
     *会期初日の曜日が通常と異なります
休 廊 日:7月21日(水)、22日(木)
開廊時間:13:00〜19:00
会  場:gallery 176(詳細は、公式サイトの掲載ページをご覧ください。)
 
会期中の作家在廊予定
作家早川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。
 
関連イベント
トークイベント
 ゲストを招き、作品についてのトークを開催予定(詳細未定)

原田健一映像個展
 6プログラムにわけて全作品の上映を行います(有料)
 上映期間:2021年7月30日(金)~8月1日(日)
 会場: Lumen gallery(ルーメン ギャラリー)
 *この上映会は、外部の企画です。詳細については、Lumen galleryにお問い合わせください。