喜多研一 写真展「GROUND RESUME -土地の履歴書-」

喜多研一 写真展「GROUND RESUME -土地の履歴書-」
喜多 研一
2021/08/05 ~ 2021/08/11
アイデムフォトギャラリー「シリウス」

 この写真展は、土地が古くから積み重ねて来たもの、その痕跡・断片・気配を、”GROUND RESUME”-土地の履歴書-と称して、現代に浮かび上がらせようという試みである。
東京という都市は、外国人から見て「活気に満ち、カオスのような状況でありながら、安定させる何かしらの秩序や構造があり、未来を先取りする不思議な魅力を感じるようだ」、と『東京の空間人類学』で陣内秀信氏(ちくま学芸文庫 1992年)は述べている。
 東京は、江戸時代から地形や自然、特に水源などに配慮しながら開発が行われ、明治・大正・昭和・平成・令和に至り、それぞれの時代の特色に翻弄されながらも、多様な方法で成長を続けてきた。しかしながら、現在の大都市・東京を見ると、現代的な超高層建築や画一的にデザインされつつある風景が、巷にあふれ始めているように思える。東京が進もうとしているものとは「正反対」のもの、昔から変わらないものを浮かびあがらせる試みが、“GROUND RESUME“ の目的である。

 “GROUND RESUME“のプロジェクトは、昭和7年(1932年)の大東京市制定時の35区全域を撮影範囲の基準とし、徒歩にて網羅的に撮影し作品化する事を前提としている。今回は、B0版6枚を含む、約40点の大判プリントを展示予定である。

 

【写真評論家 鳥原学氏とのトークライブイベントについて】
2021年8月5日(木)午後6:30~約1時間、アイデムフォトギャラリー「シリウス」から、YouTubeライブ配信形式にて、写真評論家「鳥原学」氏をお招きし、当プロジェクトについて解説・対談を実施する。
※新型コロナウイルスの影響を鑑み、無観客で実施予定。

【配信予定 YouTube URL】
https://youtu.be/JGIAZ74moso/