萩原朔美×三宅章介 展「反復と差異|Repetition and Difference」

萩原朔美×三宅章介 展「反復と差異|Repetition and Difference」
萩原朔美×三宅章介
2021/09/18 ~ 2021/10/03
galleryMain

Artist Statement
萩原朔美と三宅章介が街で出会ったモノたちは、撮影されて写真という形態になり、分類・選別され、同じ機能を持つ仲間たちのイメージと並べられる。それが可能なのは、写真が、外部の世界に反射した光をカメラのなかに導き入れ、その光の痕跡を化学的あるいは電子的に固定することで、モノをもともとの空間や時間から引き剥がし、新たな文脈に自由に配置することができる技術だからである。それらのモノは、同じ機能を持つがゆえに、単独で見ると同じような形態に見えるが、それらが並列されるとそれぞれに個性があることが分かる。すなわち反復させられることで差異が浮き彫りにされるのである。本展「反復と差異」では、二つの会場で展示される二人の作家の写真作品、映像作品、インスタレーション作品を通して、二人の〈目〉が路上で見出したモノが、それぞれの布置のなかで、どのように新しい貌を見せるのかを追求したいと考えている。

 

From Curator
類型学(Typology)とは、B&H・ベッヒャーによる一定の「タイプ」の——すなわち給水塔、サイロなど特定の用途とそれに由来する形態を持つ——建造物を多数撮影した作品のコンセプトを指す言葉である。個々では画一的にも見える建造物は、グリッド状に並べられることによってその多様性を顕にするようになる。シリーズのタイトルに「類型学」を掲げる三宅章介はもとより、萩原朔美の写真作品にもそのようなアプローチは見てとれる。
遡ると19世紀の民族学者たちは、ある民族を観察し測定することで民族固有の形質を見出そうとした。それこそが「タイプ」と呼ばれたものであり、その際に役立てられたのが写真であった。また美術史において、ある時代のある地域で制作された作品に共通する様式を抽出する際にも、写真による比較は欠かせないものであった。写真はそもそも類型学と深いつながりがあったのである。
ただし、かつての民族学者も美術史家も切り捨ててきた差異を浮かび上がらせてしまうのがベッヒャー以降の類型学である。それは写真という技術が時間と空間からその痕跡を剥ぎとり、移動させてしまうことに由来する。萩原が追い求める街灯、階段、観覧車やカラーコーン、ドアスコープから見た世界、さらには自らの影も、三宅が蒐集するかつてあった家の痕跡も、写真術によってひき剥がされ、他所に並置されることで、驚くほどの多様性をもって私たちに提示される。
そのまなざしは客観性を持ったものに見えるかもしれない。しかしそれらをつなぐ見えないハブには、間違いなく二人の芸術家が存在するのである。

 


 

萩原朔美×三宅章介 展「反復と差異|Repetition and Difference」
会期:2021/9/18 (Sat.) – 10/3 (sun.)
   13:00-19:00
会場:LUMEN gallery + galleryMain
詳細は、公式サイトの掲載ページをご覧ください。

キュレーター Curator
佐藤守弘|Morihiro Sato