亀井 義則写真展「相去 – あいさり -」

亀井 義則写真展「相去 – あいさり -」
亀井 義則
2021/11/02 ~ 2021/11/14
Jam Photo Gallery

人はある時自分のルーツを知りたくなるものです。亀井義則もその一人で、幼い頃育った岩手県・相去に約 40 年振りに訪れました。当然、その土地は過去の場所となり、亀井は訪問者となっていたことに改めて気づかされます。
 
時は過ぎ、そんな生活に慣れきった私は相去を訪れることにした。山奥にもコンビニがある時代だ。少しくらい便利になっただろうという期待は外れ、住んでいた場所まで歩くと廃墟となった商店が連なり、人を見かける事も殆どない。父が勤めていた工場だけが煙を吐き続けていた。至る所が舗装されて余計寂しさに拍車を掛ける。友達の行方も分からない。地元の人とすれ違っても、どう話しかけたら良いのかすら分からない私の想いとは関係なく、過去の住処は薄れゆく思い出のように、ひっそりと土に還るのを待っているようだった」 (ステイトメントより)

 


 

▼写真展概要
亀井 義則写真展「相去 – あいさり -」
会  期:2021年11月2日(火)~ 11月14日(日)
     月曜休廊
開廊時間:12:00 ~ 19:00(日曜日は17:00まで)
入 場 料:無料
会  場:Jam Photo Gallery(www.jamphotogallery.com