本山周平写真展「日本 2010-2020」

本山周平写真展「日本 2010-2020」
本山 周平
2021/12/03 ~ 2021/12/14
gallery 176

開催概要

初めて本山周平さんをお見掛けしたのは、自分がまだビジュアルアーツ大阪の学生の頃のphotographers’ gallery立ち上げの時の講演会でした。北島敬三さんがまだ若かりし笹岡啓子さんと本山周平さんを連れて話されていて、メンバーでgalleryを立ち上げる事への憧れをよく友達と話していた事を思い出します。その時見た SM TABLOID が本山作品との出会いでした。
それ以降本山さんが発表する度に食い入るように写真の勉強をさせて頂き自分の作品と向き合ってきました。 時を経て初めて出会ったのは5年前にgallery 176で展示された時(本山周平展「日本 2001 – 2016」)で、話をしていくうちに本山さんの生き方を追いかけて来たような気がして、間違いではなかったと確信した事を覚えています。
gallery 176のメンバーとして参加できているのもあの時の憧れで、その本山さんの展示が出来る事はうれしい限りです。 是非関西の皆さんにも本山さんの生き方を体感して頂けると光栄に思います。

gallery 176 布垣昌邦

 

作品説明

「日本」は20年に渡る日本各地の光景を捉えたシリーズとなる。時を経て浮かび上がる各地の小さな出来事にこそ、現代の日本の様々な象徴が浮かび上がる。モノクロームでこのシリーズの作品を発表し続けてきた本山にとって集大成となる作品群。2010年から2020年までの10年間の写真で構成された写真集『NIPPON 2010-2020』(蒼穹舎より2021年1月1日刊行)より29点をセレクトして展示。
2001年から20年の月日をかけて撮影された本山周平3冊の写真集『日本』の写真のなかにはいわゆる絶景といった風景が写されているわけではない。住宅街や路地裏、海水浴場や温泉街、山村や港町など様々な土地で暮らす人々の営みが風景に溶け込んでいる。それは誰もがいつか見たことがあるような風景なのかもしれない。その日々の断片は日本のありのままの姿が宿っているようだ。この数十年間で撮られた写真ではあるが、はるか昔に撮られた写真のようにも見える。日常生活のなかから日々の光景に目を向け、モノクロームの精緻で独特なトーンで写しだされる。日本各地の町や村で写し出された写真一枚一枚と本山の往還は、現在と過去とを行き来するような時間の旅路を見てとれる。
 

展示構成:モノクロ29点、小全紙
企画:gallery 176 布垣昌邦

 


 

本山周平写真展「日本 2010-2020」
会 期:2021年12月3日(金)〜12月14日(火)
    13:00〜19:00
休廊日:12月8日(水)、9日(木)
会 場:gallery 176
関連イベント等、詳細は公式サイトの掲載ページをご覧ください。

 
会期中の作家在廊予定
作家本山さんの在廊予定は未定です。
決まり次第、Facebook、Twitterでお知らせします。

 
関連イベント:
・本山周平×布垣昌邦 トークイベント
 開催日:2021年12月11日(土) 18:00〜
・本山周平ポートフォリオレビュー
 開催日:2021年12月12日(日) 13:00〜

 
関連販売物:
本山周平写真集『日本 2010-2020』