「五百羅漢修復 祈りの継承」展

「五百羅漢修復 祈りの継承」展
千代田 路子
2021/12/21 ~ 2021/12/26
Exhibition Archives

五百羅漢像を未来につなぐ修復の取り組みを記録した、千代田路子の写真作品、修復家の言葉を伝える松山瑞樹のインタビュー映像、そして修復家・長井武志の講演会で羅漢像修復を紹介し、文化財継承の重要性を伝えます。

 

天恩山五百羅漢寺(東京都目黒区)の五百羅漢像は、江戸時代の仏師・松雲元慶が彫刻し、 度重なる天災、人災を奇跡的に免れ、305体が今なお一堂に現存、人々の信仰の対象となっています。 歴史的文化的に価値が高く、東京都の重要文化財に指定されています。写真家・千代田路子は、羅漢像の素晴らしさと、この貴重な像を後世に伝えようと修復に取り組む修復家・長井武志氏の活動に感銘を受け、撮影を行いました。
そして、羅漢像の修復を紹介することにより、多くの人々の関心と理解を惹起し、貴重な歴史・文化資産を未来に継承できる社会づくりに貢献したいとの考えに至りました。そこで、天恩山五百羅漢寺の協力を得て、写真と映像の作品展示と講演会で構成する「五百羅漢修復 祈りの継承」展開催と写真集発刊の運びとなりました。

展示:千代田路子(写真作品展示:約50点)
松山瑞樹  映像作品展示:2点
修復工程資料配布

 


 

■ 開催情報
「五百羅漢修復 祈りの継承」展
会期:2021年12月21日(火)~ 26日(日)10:00-18:00
*期間中休館日なし
会場:JCII(一般財団法人日本カメラ財団)クラブ25ギャラリー
〒102-0082東京都千代田区一番町25番地JCII一番町ビル
TEL:03-3263-7110 FAX:03-3234-4650
https://www.jcii-cameramuseum.jp/club25/

◎12月25日に「仏像修復についての講演会(リアル講演会&オンライン配信)」が開催されます。
⽂化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

詳細情報に関しましては、公式ページをご覧ください。