初沢亜利「匿名化する東京」

初沢亜利「匿名化する東京」
初沢 亜利
2022/01/11 ~ 2022/01/30
Roonee247 Fine Arts

2020年始めから2021年末までコロナ禍に見舞われた東京を歩き回り、撮影を続けた。

写真展タイトルに即して撮影した訳ではなく、月日の中でふと湧いて出た印象だった。コロナ禍以前からマスクの使用率は上がっていたが、2022年以降、マスクを着用していないと不安に駆られる人が増えることだろう。「世間の目だけが行動規範となり得る」と戦前から指摘され続けた日本人論を、我々はコロナ禍で見事に体現してみせた。同調圧力批判を口にはしながら、誰もが圧力の内側に留まった。

さて、マスクをしても尚、顔を隠しスマホで自撮りをする少女たちは、先端を行っているのだろうか?写真は現在を歴史に置き換える作業だが、コロナ禍東京の自画像がどのように未来を予見するか、撮影者にとっても興味深い。

 
❇︎ ❇︎ ❇︎

 
2022年の1本目の展覧会は、初沢亜利さんです。
2021年もコロナ禍の東京を一般的な報道とは一味違う視点で、ペロリとめくって見せてくれた初沢氏。
さらに東京を歩き続けた彼の見せる本展で、我々が見るものは?
新たな年とどう向き合うか?
2021年12月に新刊写真集も刊行され、会場でも紹介いたします。

 


 

初沢亜利「匿名化する東京」
会期:2022年1月11日(火)〜 1月30日(日)
   12:00-19:00(最終日16:00まで)
   月曜休廊
会場:Roonee 247 fine arts
詳細は、公式サイトの掲載ページをご覧ください。