ミーヨン「Truth is One」

ミーヨン「Truth is One」
ミーヨン
2022/02/14 ~ 2022/02/20
Place M

2018年11月に、インドのバラナシに一か月間滞在した。
バラナシは、ベナレスという名前で知られるが、古くからカシー(Kashi)とよばれ、“Kashi”がサンスクリット語で「輝く」「光る」を意味することから、「光の街 (the City of Light)」といわれている。そして、ヒンドゥー教の宗教的首都とされるバラナシを流れるガンジス川は、インド最大の聖地で、巡礼者があとを絶たない。
ほぼ毎日、日の出前にガンジス川へと向かう。川の対岸から顔をだす早朝の太陽の光が、川面に輝きはじめる。そして、刻一刻と、川を渡って広がり、水に深く反射するその光は、私たち人間の本性のなかに内在する光を照らし出しているように見え、内なる旅をする巡礼者たちの姿が、とても神聖に感じられた。
巡礼者を意味する英語 “pilgrim”の語源は、ラテン語のぺレグリヌス”peregrinus”で、その原義は通過者、異邦人、放浪者など。私は、日常を離れ、移動し、発見と感謝の目で世界を見る巡礼者たちを、そして、ヒンドゥー教の生き方を毎日忠実に実践するカシーの住人たちを、巡礼する、巡礼者だったように思う。
タイトル、”Truth is One” は、インドの最古の聖典であるリグ・ヴェーダのなかの詩節からの引用で、全体のセンテンスは、Truth is One, sages call it by various names (真理はひとつ、賢者たちはそれをさまざまな名前でよぶ)「 Ekam sat vipraha, bahudha vadanti -RigVeda (1.164.46) 」である。

 


 

■ 開催情報
ミーヨン「Truth is One」
会期:2月14日(月)〜2月20日(日)
会場:Place M(公式サイトの掲載ページはこちら