市川信也写真展 「De Los Caminos En La Habana −ハバナの街⾓より−」

市川信也写真展 「De Los Caminos En La Habana −ハバナの街⾓より−」
市川 信也
2019/09/13 ~ 2019/09/24
gallery 176

 2016年4⽉下旬の数⽇間をキューバの⾸都であるハバナで過ごす機会を得た。その時の本来の⽬的地は南⽶のエクアドルであったが、カリブ海の向こうにある島国を是⾮⼀度訪れようと考えたのだ。その年の前⽉にアメリカのオバマ⼤統領がハバナを訪問し、ラウル・カストロ国家評議会議⻑と会談、両国の間で歴史的な和解が⾏われた。

 キューバは16世紀初頭にスペインにより植⺠地化され、砂糖や葉巻などのプランテンショーンが発達した。しかし19世紀末にはスペインは没落し、変わって影響⼒を持ち始めたのが百数⼗キロ北に位置するアメリカ合衆国であった。20世紀初頭には共和国として独⽴したが実質はアメリカの保護国であった。アメリカの資本が⼤量に流⼊し国⺠⽣活を⽀配し、それに抗する反乱や政変が相次ぎ不安定な状況が続いていた。しかし1940年代後半より国際連合や⽶州機構に参加し、国際的な地位も安定してきた。⼀⽅国内は、砂糖の国際価格の不安定が続いたが政府が有効な対策を取ることができないため、社会不安をきたしていた。1952年にクーデタにより政権を奪取したバチスタは、憲法を停⽌し独裁政治を⾏った。腐敗と弾圧が続いた独裁政権とアメリカは政治的、経済的に深く繋がりその⽀配⼒を強めていった。1950年代にはその独裁体制に反対する運動が起こり、幾多の闘争を経て⼭岳ゲリラ戦を戦ったフィデル・カストロやチェ・ゲバラなどが1959年1⽉バチスタ政権を倒し⾰命政権を樹⽴した。彼らは⼟地と産業を国有化し、アメリカの影響を徹底的に排除しソビエト連邦に接近した。1961年アメリカはキューバと国交を断絶し緊張を伴う対⽴が続いた。1991年のソビエト連邦崩壊後、深刻な打撃を受けたため、観光を振興させ⼀部に⺠営化を受け⼊れ再興を図ったが、共産党による⼀党独裁体制は維持された。2000年代に⼊りアメリカ⼈の渡航が解禁されるなど両国関係は改善に向かい、2015年には54年振りに国交が回復、2016年3⽉、ついにオバマ⼤統領がハバナを訪れたのだ。私がハバナを訪れたのは、まさにその1ヶ⽉後、ロシアや中国といったかつての社会主義の⼤国とは違う道を辿ってきたカリブの⼩国が、⻑年の敵国であったアメリカと仲直りをしてどのようになっているのか⼤変興味を惹かれたのだ。

 それ以前のキューバを知らないので⽐較して語ることもできない。滞在期間はわずか数⽇なので、その⽣活に深く分け⼊ったわけでもない。私がそこで⾒て感じた事は、ツーリストとして表層的なものに留まり、キューバの⼈々の⽣活の実態に迫るものではないだろう。私の⽬に留まったのは、この国のアイコンとでも⾔うべき1950年代のアメリカ⾞や道端で遊び学ぶ⼦供達。観光客⽤にレストアされた古い⾞もある⼀⽅で、市⺠が⽇常の⾜として使っているものも多い。道端の⼦供達の⾝なりは決していいものではないが、彼らの顔は屈託ない笑顔で溢れている。植⺠地時代からのヨーロッパ様式の古い建築に古いアメ⾞、これらはこの街の象徴であり、ついついカメラを向けたくなる。それらの写真がステレオタイプな観光写真だとしても、そこには、その時そこにしかない空気とでも⾔うべき何ものかが写されていて、アメリカという⼤国との関係性さえも、ラテン気質の陽気な⼈々の⽣活や街の⾵景の中に⽴ち現れているだろう。

 トランプ政権になり両国の関係は後退しているかに⾒える。しかしそこには変わらぬ彼らの⽣活が続いている筈である。私が写した2106年4⽉のハバナのこれらの写真の中には、苦難の歴史と共に歩んできたこの国の⼈々の、変わることのない気質がその歴史的な⾵景と共にある。

 

関連イベント

市川信也×松原豊(gallery 176)トーク

タイトル未定

旅と写真をテーマにした作家⼆⼈のトーク

トーク終了後は作家を交えてのパーティーを開催いたします。

開催⽇:2019914()

開催時間:トーク 17:0018:00、パーティー 18:00

出演者:市川信也 松原豊

料⾦:無料

定員:30

*トークゲスト

 松原豊(まつばら ゆたか)

  写真家、gallery 176 運営メンバー、gallery0369 オーナー