Doris Hsu 写真展「凝視 Gazing – You lead me to see the light」

Doris Hsu 写真展「凝視 Gazing – You lead me to see the light」
Doris Hsu / DsFilmStudio
2020/01/13 ~ 2020/01/26
gallery 176

展覧会紹介

2017年のTAIWAN PHOTO参加がきっかけで、毎年台湾に通うようになりました。台湾南部の都市・⾼雄(Kaohsiung)には、昨年のKAOHSIUNG PHOTO(⾼雄攝影節)の会場訪問時に、初めて訪れました。⾼雄市は台湾第三の都市で、⼈⼝が約280万⼈と、⼤阪市とほぼ同じ⼈⼝です。⾼雄市は台北市より南に位置し、最初に訪れた10⽉でもかなり暑く、港町ということもあって、どことなく「ゆるい」雰囲気で、とても居⼼地の良い街です。台北が⽇本の東京、フィリピンのマニラとしたら、⾼雄は⽇本の⼤阪、フィリピンのダバオといった感じでしょうか。

台湾に通うようになり、同時に台湾の⾳楽を良く聴くようになりました。最近は、Apple Musicなどの定額制⾳楽配信サービスで、気軽に台湾のバンドやアーティストの⾳楽を聴くことができるようになり、そこで「Elephant Gym ⼤象體操」の⾳楽に出会いました。彼らは、ギター、ベース、ドラムの三⼈組で、インストルメンタルの曲が多く、⼀部ボーカルが⼊っている曲もあり、他の台湾のバンドとは⼀線を画す存在です。彼らは⾼雄出⾝で台北で活動していましたが、現在は地元の⾼雄を拠点として、台湾のみならず、⽇本などのアジア、そして欧⽶でも多数のライブを⾏っています。この点では、⼤阪からアジア、世界へと活動の場を広げようとしている gallery176 に通ずるものがあります。

今年 2019年10⽉、TAIWAN PHOTO参加後、⼤学やギャラリーを訪問するために⾼雄を訪れた際、今回の作家 Doris Hsu さんに偶然に出会いました。場所は、港の旧倉庫街をリノベーションした複合アートスペース「駁⼆藝術特區(The Pier-2 Art Center)」です。ここは、昨年 2018年のKAOHSIUNG PHOTOの会場で、⽇々多数のアートイベントや映画祭が開催されており、多くの観光客が訪れる場所です。この⼀⾓に、「典像濕版攝影⼯藝(Vintage Wet Plate Collodion Studio)」という湿板写真のスタジオがあり、6⽉にも訪れていました。

今回は、Elephant Gym のTシャツを着てスタジオに⼊ったところ、そこに彼⼥ Dorisさんがいて、「なんでそのTシャツを着ているの?私、そのバンドと友達で写真を撮っているんだよ」と話しかけられびっくり。その後、メッセージのやり取りで、Elephant Gymが来年2020年1⽉に⼤阪でライブをやるということを知り、思わず、「その時期に、⼤阪で写真展をやらない?」とメッセージを送りました。そして、翌⽇再び彼⼥と会い、写真やミニ写真集を観て、具体的な写真展開催までの話を始めました。

その後、メッセージのやり取りを進めて⾏く中で、私がフォローしていたElephant Gymの写真をアップしているFacebookページが、彼⼥のページだということを知ったり、彼⼥がモノクロフィルムを愛⽤して⾃分で暗室でプリントをしていたり、彼⼥やバンドのメンバーが⾃分の半分以下の年齢と⾔うことを知ったりと、驚きの連続でした。

今回の写真展は、そんな偶然が重なって開催することになりました。作家のDorisさんは、搬⼊前⽇に来⽇し、会期途中まで在廊の予定です。ぜひ、彼⼥に会い、台湾の写真の話や、⾼雄の話、Elephant Gymの曲やバンドメンバーの話をしに来て下さい。会場では、彼らの⾳楽を流してお待ちしています。

gallery176 ⻄川善康

作品説明

彼らの⾳楽で満たされ、そこに光を⾒つけました。

良いライブとはどんなものだろうか?

⼈を楽しませることができたら、それは良いライブになると思います。

私は⼈が⾃分のベストをつくして楽しんでいるのを⾒るのが⼤好きです。

それは⼈間にとって最⾼の瞬間だからです。

私にとって、写真はとても重要なものです。

そして⾳楽も同じように。

だから、私は⾃分⾃⾝で写真と⾳楽を共に楽しんでいます。

 

Elephant Gymとの出会い

約5年間、台湾のインディーズ⾳楽をたくさん写真に撮ってきました。2016年、台南で聴いた彼らの「WORK コンサートツアー」のライブで、マス・ロックというジャンルの⾳楽を初めて知りました。

私は彼らの⾳楽にとても感銘を受けました。彼らの曲を聴くたび、私は⾶び跳ねていました。そして、その時のライブで、彼らの⾳楽に完全に惹かれました。

その時から今まで、私は彼らの写真を撮り続けています。

 

フィルムで写真を撮る理由

私は、60年代から80年代までの⾳楽映画が⼤好きです。これらの映画は、初期のバンドの躍動感に満ちた映像を観せてくれます。フィルムで写した写真は、それほど鮮明ではなく、ぼやけているものもありますが、かつての⾳楽映画の様に、そこからは勢いが感じられます。

なんて素晴らしい!

そして、私はフィルムカメラで撮影し、暗室でそれらを現像、プリントすることを学び始めました。

 

この展覧会について

私と彼らのバンドは⼀緒に成⻑しています。私は、今までもコンサートでわくわくしながら撮影しています!

この展覧会では、2016年から2019年にかけて台湾で撮影した彼らのライブ写真(デジタルカメラとフィルムカメラで撮影)を展⽰します。また、彼らのライブ以外の⽇常の様⼦の写真も展⽰します。彼らの⽇常を垣間⾒ることができると思います。

今回の展⽰は、私の海外での初めての展覧会です。私の作品からなんらかのパワーを感じていただけたらうれしいです。

ぜひ、この展覧会を楽しんでください。

 

展⽰構成

ゼラチンシルバープリント、タイプCプリント(サイズ、枚数未定)

 

Elephant Gym(エレファント・ジム)

2012 年結成、台湾・⾼雄出⾝のスリーピース・バンド。初期はインストゥルメンタルを基調としながらも、近年はボーカルを取り⼊れることも多く、洗練された楽曲構成のセンスや⾼いテクニックを⾒せつける。感情的でメロディアスなベースラインを優しく包み込むギターとドラムのアンサンブルで、過去にはマスロックと形容されることも多かったが、現在はフューチャーソウルやヒップホップ、オルタナティブロックやシティポップ、フィルムミュージックなど幅広い⾳楽性を体現し、ジャンルや⾳楽的枠組みを超過せんとする。

台湾では既に代表的なバンドとなっている⼀⽅で、世界各国にてリリース&ツアーを実施。

2016 年 8 ⽉、1st アルバムが⽇本でもリリースされ、「SUMMER SONIC 2016」に出演。2018 年2 ⽉、アメリカ「Topshelf Records」より全カタログ作品が CD&レコードで全⽶リリース。

2018 年 4 ⽉、都市型フェスティバル「SYNCHRONICITY ‘18」(渋⾕)に出演、⼊場規制となり⼤きな反響を受け、2018 年 9 ⽉、「りんご⾳楽祭 2018」及び「OOPARTS 2018」出演。

同年 11 ⽉、2nd フルアルバム「Underwater」をリリースし、東名阪ジャパンツアー実施、代官⼭ UNIT の東京公演はソールドアウトとなる。また、北⽶公演全6箇所ソールドアウト含む、14カ国約 100 公演のワールドツアーを実施。

2019 年 11 ⽉、Tyler, The Creator 主催「Camp Flog Gnaw Carnival」(LA ドジャースタジアム)出演。それに伴い、北⽶ウエストコースト 8 都市を回る「The Blue Tour」を、⽇本のインストロックバンド・LITE とのツーマンにて実施。

2020 年 1 ⽉、半年間のライブ活動休⽌期間前に、⽇本でのラストツアーとして初の東名阪ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」 を実施。

WORDS Recordings web サイトより引⽤

 

⽇本初ワンマンツアー「The Rats and The Elephants」スケジュール

開催⽇時・場所

2020 年 1 ⽉ 12 ⽇(⽇)
愛知・名古屋 UPSET
18:00 OPEN / 18:30 START|Info:052-936-6041 (JAILHOUSE)

2020 年 1 ⽉ 13 ⽇(⽉祝)
東京・渋⾕ CLUB QUATTRO
17:30 OPEN / 18:30 START|Info:03-3444-6751 (SMASH)

2020 年 1 ⽉ 15 ⽇(⽔)
⼤阪・梅⽥ Shangri-la
19:00 OPEN / 19:30 START|Info:06-6535-5569 (SMASH WEST)

 

関連イベント

ギャラリートーク+オープニングパーティー

開催⽇時:2020年1⽉13⽇(⽉・祝) 15:00~(予定)

出席者:Doris Hsu

参加費:無料、申し込み不要