ソラリス 5周年企画展 染谷學 写真展「ほうたれ」

ソラリス 5周年企画展 染谷學 写真展「ほうたれ」
染谷 學
2019/12/17 ~ 2019/12/29
ソラリス大阪

ほうたれ

 

この写真は海に近い町で撮りました。海のないところで育った私は海辺の町にとても心が惹かれます。撮影したのは、ほとんど平成29年と30年ですから、ここ3年くらいの間の写真たちです。

「ほうたれ食べるか?」 愛媛県の宇和島にある九島という島を歩いていたときに、おじいさんが声をかけてくれました。

「ほうたれ」とは土地の方言で、かたくちいわしのことです。浜ゆでして干したほうたれはとても美味しく、私が喜ぶとコンビニのレジ袋に困るほどたくさん入れて持たせてくれました。

このシリーズを撮り始める少し前の春、私はいっさいの写真の仕事をやめて、寺の墓地で草むしりや墓そうじをして生計を立てる暮らしを始めました。いまは年に数回の旅の時間がとても大切です。

最初「あほたれ」に聞こえたその言葉は、ずっと心から離れずにいました。

ほうたれ、ほうたれ、あほうたれ。

カメラをぶら下げてあっちこっちほっつき歩いているあほたれ、そう言われているようで嬉しくてたまりませんでした。

いまは、ただ目の前の小さな情景や時間のかけらを集めて、とぼとぼと歩き続けることだけが、私の写真なのだとあらためて思っています。

 

染谷學