写真展

MARBLE

吉野 英理香

2018.04.07(sat) ~ 05.19(sat)

タカ・イシイギャラリーで3度目の個展となる本展では、2014年から2017年にかけて撮影された作品群より約17点を展示いたします。
オープニング・レセプション: 4月7日(土) 18:00 – 20:00

「 MARBLE(マーブル)」は、「光の中できらめく結晶石」を意味するギリシア語 MARMARONに由来する大理石のことです。
石灰岩が、熱で変成して再結晶した、美しく輝く石。
石の中で、異質なものがフュージョンする。
バニラ色の石の表面上に、いくつもの緩やかな線が描かれ MARBLE模様が生まれます。
私がカメラを向けるのは、日々のなかにあります。
レンズを通した光が結ぶイメージは、虹のかけらのようにフィルムに感光される。
瞬間が永遠になり、かけがえのない時間が、印画紙の上に浮かび上がります。
「 MARBLE 」は、複雑で、魅惑的な時間の象徴です。
私にとって、自由と希望を見出すカギのようでもあります。
美しい響きに魅せられてイメージを想起し、写真で表現してみようと思いました。
ほんの少しでも、ニュアンスを写すことができていれば幸いです。
レンズを通して見た光の結晶。
私の欲望が、白い印画紙の上に緩やかな線を描く。
2017年12月 吉野英理香
(『日本の新進作家 vol. 14 無垢と経験の写真』展覧会カタログ 東京都写真美術館、2017年、p. 18より抜粋)

  • 1