写真展

by the sea 湘南

太田 有美子

2018.06.13(wed) ~ 06.25(mon)

もう四十年近く逗子に住んでいる。でも海を身近に感じたことがなかった。海は当たり前にそこにあるもの、そう思っていた。転機は突然訪れた。写真家を目指すことになったとき、どちらかというと小さなものに目を向けていた。足元ばかりを見て歩いていた。海へ行ったのは最初はほんの気分転換のつもりだった。家から車で15分、坂を下るとそこに海がある。そっとレンズを向けてみた。そこで見たものは燦々と砂浜に光注ぐ太陽、ゆるやかに弧を描く砂浜、繰り返し寄せては返す波、江ノ島を抱くようにそびえる富士、砂紋の間にキラリと光る桜貝、そして釣り人や波と戯れる子どもたち、海はやさしく包み込んでくれた。全てが新鮮に見えた。海はいつでも私たちを待っていてくれる。そっと潮風をうけひとりたたずんでみる、すべてを包み込む癒しの空間、それが・・・海。そうだ、海に行こう。今すぐに・・・
太田有美子

  • 1