写真展

ほかげ

齋藤 ジン

2018.06.20(wed) ~ 07.01(sun)

背中への気配、耳元への囁き。空が闇に染まり出す逢魔が時への恐怖。
戊辰戦争の痕跡を留める会津の滝沢町に生まれ、目に見えない重圧を感じながら育ってきた。
やがて東京で家族を得て日々を暮らし、人生の半ばにして生と死を考える時、故郷に向き合う覚悟をした。
撮り続けることでわかりはじめたこと。若葉のような幼子の息吹と年輪のように積み重なる先祖達。
この地が纏う湿ったざわつきのようなものが、葉脈のように会津人に刻まれ続けている。

  • 1