写真展

台湾 旅する気分

大久保 浄

2018.08.03(fri) ~ 08.08(wed)

2011年より4~5泊ほどの台湾への小旅行を幾度となく積み重ね、いつしか台湾の魅力に深く引き込まれていた。
歴史あるお寺や古い家屋、現代的なビルが混在する街並み。街角に漂う八角や臭豆腐などの食べ物の匂いが、街や人の持つエネルギーに溶け込む。いつか見たことがあると、錯覚させるような風景。遥か遠い記憶の底にある懐かしさが甦る。そして、限りなく優しく、たくましい人々。心惹きつける、この国の街や人の不思議な魅力の根源は、どこにあるのだろうか?魅力の根源と内なる台湾センチメンタリズムを求め、カメラを片手に街を彷徨う。通り過ぎるだけの旅人としての視点で、行きすぎる風景や旅の情景、束の間の出会いをファインダーに捉える。心惹かれるものに、浮き立つ気持ちを抑え、静かにシャッターを切るだけ。
謝謝台湾。敬祝台湾好運。