写真展

Canopus

高橋 真実

2018.12.11(tue) ~ 12.16(sun)

写真に撮りたいと、住んでいたころから思っていました。形にすれば、気持ちの距離が遠のくのでは、客観的に今を見ることができるのでは、と思いました。
親元を離れて、南房総市で祖母と祖父と暮らしました。東京から転校していったので、都落ちと言われました。いじめられてもいないし、逃げる理由なんて微塵もなかった東京からなぜ私はここにいるんだろうと、そればかり考えて暮らしていました。答えは結局出ないまま、私は東京で写真を撮り始めました。南房総市千倉町で過ごした高校三年間という時間と、今の私の定点観測的グリーフワークです。

  • 1