写真展

熊谷聖司 写真展「 EACH LITTLE THING」

熊谷 聖司

2019.01.15(tue) ~ 01.27(sun)

ソラリスでは1月15日より1月27日まで、熊谷聖司 展 『EACH LITTLE THING』を開催いたします。本作は、写真集として2011年から2018年までの間に#01-#10までが刊行され、シリーズが完結しました。その中からセレクトした約15点を展示いたします。

熊谷聖司(1966-、北海道生まれ)は、1994年、逗子の森戸海岸に集う若者達をとらえた作品『もりとでじゃねいろ』で、第10回写真新世紀公募優秀賞、第3回写真新世紀展にて年間グランプリを受賞いたしました。以降、個展をコンスタントに行い作品を発表し、2008年からは自らの手でカラープリントを開始。近年は写真集の編集・出版を手掛け、さらに積極的に写真表現を追求しています。 『EACH LITTLE THING』は、ごく身近で日常的な場面の中から、「35mm一眼レフ・縦位置」のみで撮影されたカラーのスナップショットで構成されており、高度な暗室技術を駆使して熊谷自らがプリントを仕上げています。 それは対象・出来事に関わらず、あらゆるものを等価に写真にしているようです。

写真集制作では一転、デザイナー・高橋健介氏に数百枚の写真の束を渡してセレクトと編集を任せ、作家は極力干渉しません。

熊谷は本作のテーマを「わたしの欲望とは何か」と設定し、「何にこだわり、何を手放せるのか」と自分に問いを立て、この独特な制作方法を採用することで、写真の核に到達しようと試みています。

撮影から写真集制作、出版、流通までのプロセスを解体、検証、再構築する活動を通じ、スナップ写真の新たな可能性を我々は見いだすことができるのかもしれません。

会場では作品・写真集の販売のほか、会期中にトークイベントやワークショップも開催いたします。精力的に写真を発表し続ける熊谷の、写真に対する考えや思いが直に感じられる貴重な機会となります。ぜひお気軽にご参加ください。

協力:Poetic Scape

  • 1