写真展

To the souvenir of time

陳 伊寧

2019.02.12(tue) ~ 02.17(sun)

これらの写真の始まりは2011年の冬頃だった。家族が相次いで病気になってしまい、
あの時の何かが沈み込んでいくような生活から、逃げ出したかった時だった。
これ以上悲しまず前に進みたい。もし完全に知らない環境に身を置いたら、自分はどうなるのだろうか。
答えが知りたくて、大学卒業してから日本に来た。

日本に着いて間もなく、目的地を決めずに、一人でカメラを持って写真を撮り始めた。
物静かな住宅エリアに行き、何もない砂浜にも行った。
肖像権のことで私を叱っ たお爺ちゃん、情熱を持って接してくれた高校生にも出会った。

日本での生活は、想像していたよりも寂しさを感じず、むしろこの生活の中からいろいろな癒しをもらった。

この四年間、中国へ帰ったのは数回。一度帰ったら、大体1ヶ月ぐらい実家で過ごす。
その1ヶ月の間は、あまり外出せず、家族のそばにいて、日本でどんなことがあったのかを話していた。
そんな時間を一緒に過ごすと、家族の強さを少しずつ感じるようになってきた。

家族に降りかかった、怖くて直視できなかった悲しみに対し、私はカメラを持ち出して写真を撮り始めた。

知らない場所といつもの場所の写真。それは、逃れられない「私」と「家族」を再認識させてくれるのです。

  • 1