写真展

パンモゴッソヨ? Summertime in Busan

蔵 真墨

2019.04.09(tue) ~ 04.27(sat)

お伊勢参りに見立て東京から関西までストリートスナップ巡礼したシリーズ「蔵のお伊勢参り」や、21 世紀の男性像を撮影した「Men are Beautiful」などで知られる写真家 蔵 真墨による 3 年ぶりの新作写真展です。本展では、蔵が 2017 年夏にアーティスト・イン・レジデンスで約 3 ヶ月間韓国・釜山に滞在した際に撮影したモノクローム写真約 30 点を展示いたします。

蔵は、現地で「お元気?」を意味する挨拶が、「パンモゴッソヨ?」=「ごはん食べた?」であることに着目しました。
韓国と日本の文化や歴史のあらゆる差異や確執は、生物にとって不可欠な「食べること」を目の前にしては、二の次になります。それはどの国にいても、どんな育ち方をしても人間であれば同じです。日韓の差異ではなく同質性に目を向けた作家の、釜山の街角に降り注ぐ陽射しのようにあたたかな眼差しを感じていただければ幸いです。

協力:BankART

*

「パンモゴッソヨ? Summertime in Busan」

 釜山とは韓国の南東部にある都市で、九州の福岡からほど近い。国内第二の都市であること、人々がユーモアを愛することから大阪と似ていると言われることが多い。私は 2015 年に個展を開く機会に恵まれ初めて釜山を訪れた。桜の季節で、静かな海を眺めて、新鮮な海鮮を食べ、同じ時間を共有した人々が親戚のように感じられた。(家族というべきかもしれないが、家族とは複雑な別問題で、拙作『氷見』を参照されたい。)なんと素晴らしい場所が地球上のこんな近くにあったのだろうか。また訪れたい、そしてゆっくり写真を撮りたいと思った。

 日々は何かと慌ただしく過ぎていくものだが私は釜山のことを忘れなかった。横浜のBankART が釜山を含む世界の都市へアーティストをおくるレジデンスプログラムを行っており、続・朝鮮通信使という韓国を訪ねるプロジェクトも行っていた。それらの活動の一環で 2017年の夏に 3 ヶ月間、私は釜山で滞在制作をできることになった。私が滞在したホンティアートセンターは海の近くにあり、朝は海辺を散歩し、日中は明るく広いスタジオでお気に入りの写真集を眺め、梅雨寒の夜は部屋のオンドル(床暖房)をつけて読書した。人生の夏休みのような日々だった。写真に疲れて、写真で休む。写真がパートナーになって短くはない時間が過ぎたが、おかげさまでなにかと忙しい日々だった。

 すこしばかりは韓国語の勉強もした。韓国語に「パンモゴッソヨ?」という挨拶がある。意味するところは「お元気?」という程度のくだけたものだが「ごはん(パン)食べ(モグ)た?」というのが直接の意味である。日本であれば天候の話などするところだが、韓国では「ごはん」、それが最重要事項なのである。最近若い世代ではあまり使われない言い方だとも聞いたが、釜山にいると英語で話していても日本語を介していても、年上の人も年下の人も、人々は私の顔を見ると必ず「ごはん食べた?」「何食べた?」「どこで食べた?」と声をかけてくれた。食が大事と言えば楽しげにも聞こえるが、物資が不足し食べ物を分けあっていた時代の名残なのだろうかと思うと感慨深い。

 釜山の中心市街に光復路というショッピングストリートがある。通りには世界中の主要都市と同様に世界的ブランドの店が立ち並んでいるが、さて光復とは日本から解放され光を取り戻したという意で 8 月 15 日は光復節という祝日である。私はその日、すこし緊張して光復路を訪れた。通りを歩けば人々は単純に休日を楽しんでいるようだった。このエリアは露天商、特に食べ物の屋台が多く、いつもどおり、売る人、買う人、食べる人で賑わっていた。日本からの観光客の声も多く聞こえた。ちょっと涼みにスターバックスに入ると若い女性のグループが夢中でセルフィーを撮り SNS にアップしている。なんと豊かで穏やかな現代の釜山であることか。それはメディアやネットにやたらと現れる風景とは異なっていた。それでも街を歩いているとふと釜山の受難と混乱の歴史、その中で生きた人々のことが想われる場所がそこここにあり、ふとこみあげてくるもので眼前の日常風景が文字通り光り輝くものに見えてきた。

 釜山は魅力の多い街でまだ写真に収めきれてはいない。今度滞在するなら秋はどうだろうかと考えている。短い滞在をしたチェジュ島も素晴らしく、ゆっくりその風土を確認しながら写真を撮りたい。時差がないほど近い隣の国であるのだから何度でも訪れたい。


蔵 真墨 2019 年 初春


*

■関連イベント
4月13日(土)金仁淑(写真家)×蔵 真墨 ギャラリートーク+レセプションパーティ
 参加費:1,500 円 ※ご予約制
 トーク 14:00 〜 15:30
 パーティ 〜 17:00
笠原美智子(ブリヂストン美術館副館長)×蔵 真墨 ギャラリートーク
 4月27日(土)14:00 〜 15:30
 参加費:1,500 円(1 ドリンク付)※ご予約制
※イベントのご予約は電話とメールで承っております。
TEL:03-6264-3665 / Mail:event@fugensha.jp

●ゲストプロフィール
金仁淑(キム・インスク/KIM Insook)
1978 年大阪生まれ。在日コリアン3 世。大阪樟蔭女子大学学芸学部被服学科およびビジュアルアーツ専門学校大阪写真学科を卒業後、韓国・ソウルの漢城大学芸術大学院西洋画科写真映像コースに留学し、2005 年に同大学院修了。現在、ソウルと東京を拠点に制作活動を展開している。大阪の朝鮮学校をテーマにした作品〈sweet hours〉(2001 年- )や、在日コリアンの家族の肖像〈サイエソ:はざまから〉(2008 年- )、炭鉱夫と看護師として韓国からドイツへ移民した人々の肖像〈Between Breads and Noodles〉(2014 年)など、いくつもの文化の狭間に生きる人々のアイデンティティや、コミュニティ、民族、家族の問題を浮き彫りにしている。国内外の芸術祭やグループ展への招聘も多く、主な展覧会に個展「sweet hours」(光州市立美術館、2008 年)、個展「少年から少年たちへ:Continuous way」(ミオフォトアワードプライム、2014 年)、「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(森美術館他、2014-15 年)、 「Family Report」(京畿道美術館、2017 年)、「愛についてアジアン・コンテンポラリー」(東京都写真美術館、2018 年)など。

笠原 美智子
1957 年長野県生まれ。1983 年明治学院大学社会学部社会学科卒業。87 年シカゴ・コロンビア大学大学院修士課程修了(写真専攻)。東京都写真美術館、東京都現代美術館で学芸員を務め、現職は公益財団法人石橋財団ブリヂストン美術館副館長。日本で初めてのフェミニズムの視点からの企画展「私という未知へ向かって 現代女性セルフ・ポートレイト」展(91 年)ほか、ジェンダーの視点からの展示を多数企画。著書に『ジェンダー写真論 1991– 2017』(里山社、2018 年)ほか多数。

  • 1