写真展

まつる~下北地方

清水 さち子

2019.05.17(fri) ~ 05.23(thu)

2006年頃から青森県下北半島の突端、大間町に通い続けている。
原発予定地の真ん中の畑を守り続けているご家族がおり、その土地や風景や様子を撮影していた。
そして、何度も訪れているうちに、この大間や核関連施設が沢山建設されている下北半島を撮ってみようと思った。
原発や再処理工場、中間貯蔵施設も含め下北半島は日本の縮図がよく見える場所に感じる。
下北地方の歴史的な物や自然や生活、そして戦争跡や鉱山跡や原発関係、思いあたる物を撮り溜めており、その中の「祭り」をまとめたのが今回の作品です。

撮影場所は脇野沢、大間、恐山、佐井、川内。
撮影したまつりは、港まつり、檀家6件のお寺のおまつり、神社のまつり、正月のまつり、恐山の大祭、仏ヶ浦のまつり、です。

出展作品数:約50点

  • 1