写真展

Pornograffitti

青木 弘

2017.03.04(sat) ~ 04.01(sat)

僕は世界各地の紛争地での撮影を続けています。本業のフォトジャーナリストとして写真を使って何かを表現をする際には、やっぱり頭のどこかに平和への貢献・欲望という想いがあります。
洋の東西を問わず、ある土地で戦争が起こると敵への憎しみや恐怖から人々はどんどん攻撃的になってしまいます。
それが無差別な虐殺だったり、過剰な建物や街の破壊に繋がっていく。そんな場面をこれまでに嫌という程見てきました。
ここからはあくまでも個人的な希望ですが、戦いの現場となる町中に美しい女性のヌードが描かれていたり、モチーフとなっていたら…
最前線で狂気となって戦うのは今でもほとんどが男性です。(女性兵士ももちろん存在しますが、やっぱり絶対的に男性の方が多い)
そんな心の荒むような悲惨な現場がHな落書き(PornoGraffitti)に包まれていたら、もしかしたら過剰な攻撃性も少しは和らぐのではないか?
そしてその究極が、いつか戦争がこの世からなくなって平和になるのではないか?
あくまでも僕個人の希望ですが。
そんな想いを込めて。

開催ギャラリー:Hive Gallery
展覧会名:Hive Gallery March 2017 presents"Naked vs. Nude"

期間:2017年3月4日(土)~2017年4月1日(土)