写真展

UNMANNED

尾形 一郎、尾形 優

2018.02.24(sat) ~ 03.31(sat)

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、2月24日(土)から3月31日(土)まで、尾形一郎 尾形優個展「UNMANNED」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーで2度目の個展となる本展では、作家が少年期より収集した世界各国の鉄道模型および建物や工場のプラモデルを用い、縦横無尽に線路が張り巡らされた仮想都市を形成、その緻密に構成された都市の夜の眺めを小型カメラで撮影した2種の映像から成る作品を展示いたします。

作品を作るきっかけとなったのは、世界が資本主義と共産主義に分かれて対峙していた30年前のことです。新婚旅行で共産圏を旅した私たちは、ベルリンの壁やスターリン時代の超高層ビル、商店の存在しない街といった、価値観の転倒した世界の存在に衝撃を受けました。
この驚きを、鉄道模型でHOと呼ばれる87分の1スケールのキットを組み合わせて作りました。初代のジオラマが完成した後、自分たちの常識を覆すような異質な街や建物を求めて撮影する旅に出かけます。写真活動と並行して、旅で集めた建築写真のイメージをもとに、東京に新しい家を作り始めていました。
「家の中にも、もう一つの小さな都市を作りたい」という妻の提案から、幅2メートル長さ8メートルのジオラマを作ることになります。新しいジオラマは、私たちが育った東京の原風景として、夜のネオン、ビルや工場の光、縦横無尽に走る電車網をイメージしました。そこに、撮影で訪れた街を重ねました。転倒する共産主義の世界、巨大な工場、終着駅、廃屋、団地、ガード下に広がる飾り窓......。走っている車両は世界各国の型で、小学生の頃から長い年月をかけて収集したものです。

  • 1