写真展

山花 サンガ

前田 博史

2015.01.01(thu) ~ 01.18(sun)

四国の森は日本でも有数の多様性のある森である。
南に下れば亜熱帯の植物が茂り、北上し高度を上げれば、本州の高山にしか自生していない植物が花を咲かせていたりする。四国でしか見る事の出来ない種類も多く、その姿はそれぞれ可憐で美しい。
山や森を歩き、立ち止まって腰を下ろした時、目の前に咲く健気な命にふと心が救われる思いがする。
花は何も語らない。ただ懸命に生きる命を、歓喜の波動に換えて放出するだけである。その波動に触れた時、人の心もその思いを感じ、自らも歓びの波動を出すのだろう。

人知れず、ただ一心に咲く花のこころを感じたい。
いつまでもこの時間を共有していたいと、そう思うのだ。

開催ギャラリー:鳴門市ドイツ館