安達 ロベルト

Adachi Robert
人がどのようにつながり、創造するかに常に関心を持ち、十代で外国語、プログラム言語、アートを学び、大学で国際法と国際問題を学び、22歳で作曲を始め、32歳のとき独学で写真を始める。
画家としては書籍の挿絵や絵本、作曲家としては舞台や映像への楽曲提供や演奏、写真家としてはアナログ白黒写真を軸に展覧会等、多チャンネルで活動。
ファインアートの分野で国内外で受賞多数。
主な出版に写真集「Clarity and Precipitation」(arD)がある。
2019年にRoonee 247 fine artsにて塚越菜月との「Quotations」、水彩画個展「Finding a Planet」を開催。