前田 義夫

Maeda Yoshio
神戸市生まれ 奈良県在住
写真教室、撮影会等のセミナー講師を務めながら、何気ない身近な景色から気配を感じる作品を撮り続けている。都市を題材としたものを『都視景観シリーズ』、古い町並みを題材としたものを『時はゆっくり流れて・・・』 として発表し続けている。
写真展
1991年 『Street of Kobe』トヨタリノスギャラリー
2006年 『TRI-ANGLE「三つの視点」』キヤノンギャラリー(銀座/梅田)
2008年 『都視景観-空間・感じるままに・・・』富士フイルムフォトサロン(東京/大阪)
2009年 『都視景観-Modern Times in Kobe』キヤノンギャラリー(銀座/仙台/梅田)
2010年 『都視景観-光と影のメッセージ』オリンパスギャラリー (東京/大阪)
2011年 『都視景観』gallery CLASS
2012年 『都視景観』喜多美術館
2012年 『時はゆっくり流れて・・・』 オリンパスギャラリー (東京/大阪)
      ギャラリー古都 / 古民家ギャラリーら・しい
2013年 『時の記憶-Remember』gallery CLASS
2016年 『時はゆっくり流れて・・・Ise Kawasaki』ギャラリー古都 / 古民家ギャラリーら・しい
2017年 『都視景観-In Modern Times』ギャラリー古都
2018年 『都視景観-City Landscape』ウエスティンホテル淡路
2019年 『都視景観-Dialogue with the City』リコーイメージングスクエア(新宿/大阪) (現リコーイメージングスクエア東京)