大山 行男

Ohyama Yukio
1952年 神奈川県生まれ。
1972年 日本各地を放浪しながら、蒸気機関車の撮影を主として写真家活動を始める。
1976年 富士山の魅力にひかれ、富士山の撮影に打ち込み始める。
1984年 初の個展『富士千年』を開催。
1985年 山梨県忍野村に転居。
1990年 富士山麓・上九一色村富士ヶ嶺(現・富士河口湖町)に自らの手で家を建て、撮影拠点とする。
1991年 富士山からはなれ、アメリカ放浪。帰国後富士山を見つめ直す。
1993年 新たな気持ちで樹海撮影に取り組む
1995年 撮影に大型の8×10カメラを使い始める。
2008年 この年からインド取材行開始。
2010年 日本写真協会賞作家賞を受賞。
2014年 タイムラプス8Kの撮影に取り組む。
2018年 この年から森羅万象をテーマに自作の装置で植物のクローズアップ撮影に取り組む。
写真集
1984年 『富士山』グラフィック社、『Mt.Fuji』E.P.DUTTON.NEW York
1988年 『富士-神々のシルエット』玄光社
1992年 『初めての富士山』小学館
1994年 『富士山 大山行男写真集』キュウ・フォト・インターナショナル
1995年 『100Mt-FUJI』作品社
2001年 『富士』毎日新聞社
2003年 『富士樹海』毎日新聞社
2006年 『宇宙の富士山』山と溪谷社
2008年 『富士山』クレヴィス
2010年 『富士詩』・『富士』クレヴィス
2011年 『大地の富士山』山と溪谷社
2012年 『Mt.Fuji カムナビノヤマ』野草社
2014年 『富士山-宇宙との連なり』毎日新聞社
2019年 『神さぶる山へ 語りつぎ言い継ぎ行かん富士の高嶺は』新泉社
2020年 『カレンダー2021年 美しき富士』山と溪谷社より2004年から連続18年刊行