ジェラール・グラナール

Gérard Glanard
1948年パリ生まれ。
1973年パリ中心部にある中央卸売市場の解体を撮影することが写真を始めるきっかけとなりローライフレックスを購入。「Baltard - Les Halles de Paris - 1853-1973」に掲載される。職業写真家になる道は選ばず、生計は他の仕事で立てながら発表を続ける。
1980-90年代にパリにあるジャズクラブでジャズミュージシャンを撮影。
ジャズシリーズの他、建築やアジア紀行など。常にモノクロームで表現している。