土屋 勝義

Tuchiya Katuyosi
1963年4月1日 東京・築地生まれ、1981年に明治大学付属中野高校を卒業後、東京工芸大学短期大学(旧写大)に入学、1983年に六本木スタジオを経て篠山紀信事務所に入社し篠山紀信氏に師事する。1989年篠山事務所から独立し雑誌・広告などで、タレント、アーティストのポートレート撮影を手がける。

2000年に初個展「勇き光の戦士たち」~つかこうへいの世界~で舞台写真を発表。
つかこうへい氏に「土屋勝義の優しすぎる目が、レンズを通すと狂気をもつ瞬間が好きである」と言葉を頂く。

師匠の篠山紀信氏から「つか芝居は暴力と優しさ、土屋写真はシャープさと色気。どっちもどっち、どちらも見たい。」と言葉を頂いた。

2006年から写真誌「CAPA」の表紙撮影を担当し、現在に至る。
ミノルタ・オリンパスカメラ教室の講師を経て、2008年からキヤノンEOS学園東京校講師を務め、現在に至る
写真展・作品
2000年 「勇き光の戦士たち」~つかこうへいの世界~(ミノルタフォトスペース)
2004年 「AND ENDLESSの世界~FANTASISTA」(コニカミノルタギャラリー)
2006年 「デジタル侍 写真展「風林火山絵巻」(キヤノンギャラリー)
2008年 「日中文化交流写真展」(オリンパスギャラリー・JCCII)
2009年 「瞳の中の少女 滝沢カレン17才」(ルデコ)
2010年 「デジ侍NY凱旋写真展」(ギャラリーコスモス)
2011年 「瞳の中の天使 滝沢カレン」(キヤノンギャラリー)
2017年 「築地ラビリンス」(築地ふげん社)
2019年 「東京夜桜美人」(キヤノンギャラリー)