鄒 雷

 
2000年から2008年までヨーロッパに留学し、ドイツのカッセル芸術学院(Kunsthochschule Kassel Germany)芸術学修士号(Master of Fine Arts)を取得し、長年グラフィックデザイン(graphic design) の仕事)に従事した。2009年から大連理工大学ビジュアルコミュニケーション専攻で教職を務めている。
2018年、キュレーターとして本尾久子と企画展「花人生・草蕪没」荒木経惟と芸術教育グループを共同企画。
2021年、独立キュレーターとして「日常非常」日本写真展を企画。
2013年から今まで大連東京を往復して暮らし、視覚文化と関連した芸術教育と芸術実践に従事している。