越智 友美・森下 聖子

 
越智友美(おち ともみ)
オリンパスのTRIP35を組み立てるワークショップに参加したことをきっかけに、フィルムカメラと出会う。当初はカラーフィルムで撮影していたが、近年はモノクロフィルムで撮影し、暗室で手焼きすることが楽しみ。
森下 聖子(もりした しょうこ)
京都造形芸術大学通信美術科写真コース卒業 育緒暗室ゼミ受講
2020年8月 グループ展「quartette」IG Photo Gallery において「時の重なり」を発表
時間が経つことによって醸し出される、記憶や気配をとらえた作品制作を目指している。