一般社団法人日本自然科学写真協会(SSP)有志写真展

 
海野 和男(うんの かずお)
 1947年生まれ。昆虫を追い求め、海外で年間100日以上の撮影をこなす。現在SSP会長。著書・写真集多数。
小檜山 賢二(こひやま けんじ)
 著書に『兜虫/ 塵騙/ 葉虫/ 象虫』(出版芸術社)、『日本の蝶/ 続日本の蝶』(山と渓谷社)、『虫をめぐるデジタルな冒険』(岩波書店)など。
湊 和雄(みなと かずお)
 1959年東京生まれ。琉球大学で昆虫生態学を専攻。琉球列島をフィールドに94年よりフリー。SSP副会長。
大沢 夕志(おおさわ ゆうし)
 1960年生まれ。コウモリ写真家。コウモリの魅力を多くの人に伝えることがライフワーク。SSP 理事。
石黒 久美(いしぐろ くみ)
 1964年生まれ。植物を中心に風景も撮影。個展開催多数。ブログ「四季の花庭へ」ほぼ毎日更新中。SSP理事。
新井 文彦(あらい ふみひこ)
 1965年生まれ。主にきのこや粘菌などを撮影。著書は『森のきのこ、きのこの森』『粘菌生活のススメ』『もりのほうせき ねんきん』ほか。
里川 正広(さとかわ まさひろ)
 1965年千葉県生まれ。竹内敏信氏に師事。この22年間、猛禽類をライフワークに「一瞬必撮」を心がけている。
中村 利和(なかむら としかず)
 1966年神奈川県生まれ。身近な野鳥を中心にその自然な表情、仕草を記録している。
黒柳 昌樹(くろやなぎ まさき)
 1969年東京生まれ。東京の街を背景に飛ぶチョウ、沖縄の八重山諸島をフィールドに動植物や自然を撮影。SSP理事。
高嶋 清明(たかしま きよあき)
 1969年山形市生まれ。山形県庄内地方を中心に活動する昆虫写真家。SSP理事。
奥山 清市(おくやま せいいち)
 1970年山形県生まれ。北海道大学大学院修了後、1995年より伊丹市昆虫館に勤務。現在は同館館長。
尾園 暁(おぞの あきら)
 1976年大阪府生まれ。神奈川県在住の昆虫写真家。地元の湘南を中心に虫を追う日々。ブログは毎日更新中。SSP理事。
佐藤 岳彦(さとう たけひこ)
 1983年宮城生まれ。日本や世界各地を彷徨い、「生命」を撮り続ける。写真集に『生命の森 明治神宮』、『密怪生命』がある。
菅原 貴徳(すがわら たかのり)
 1990年生まれ。11歳で野鳥観察と撮影を始める。東京海洋大学、名古屋大学大学院を経て写真家として独立。