背景
写真家

佐藤 なーや

Sato Naya

1975年、北海道生まれ、鹿児島県屋久島在住

夏は森や渓谷でオオムラサキシキブ蝶と触れ合い、冬はダイアモンドダストに感動するなど、多くの心象風景が北海道での幼少時代に形成された。
父のマニュアルカメラを譲り受けたことをきっかけに、20才から人物ポートレイトを撮り始める。
屋久島に移住後、島が育む大自然の命のきらめきに感銘を受け、ネイチャーフォトを中心に撮影するようになる。
当初は思うような写真が撮れない日々が続いたが、月夜の晩に樹齢千年以上の巨木が佇む森へ撮影トレッキングに出かけた際の、ある一本の屋久杉との出会いを契機に、自然界と融和した写真が撮れるようになったと感じている。
以来、自然との一体感より得られる感覚がこれからの時代のエコロジーに繋がると確信し、Oneness with Nature をテーマに撮り続けている。

EXHIBITION写真展示情報