背景
写真家

鬼海 弘雄

Kikai Hiroh

1945年山形県寒河江市生まれ。トラック運転手、職工、造船所工員、遠洋マグロ漁船乗組員、現像所勤務などさまざまな職業を経て写真家に。’73年より浅草に通い、出会った人びとを撮り続ける。『王たちの肖像』で日本写真協会賞新人賞、伊奈信男賞、『INDIA』で「写真の会」賞、『PERSONA』で土門拳賞、日本写真協会賞年度賞を受賞。おもな著作に『東京迷路』(小学館)、『Asakusa Portraits』(ICP/Steidl)、『誰をも少し好きになる日 眼めくり忘備録』(文藝春秋)、『世間のひと』『靴底の減りかた』(筑摩書房)、『東京ポートレイト』『アナトリア』『India 1976‒2016』(クレヴィス)などがある。

EXHIBITION写真展示情報