背景
写真家

金村 修

Kanemura Osamu

1964年東京都生まれ。写真家。1989年、東京綜合写真専門学校に入学。在学中の1992年、オランダの写真展「ロッテルダム・フォト・ビエンナーレ」に作品が選出される。1993年、東京綜合写真専門学校卒業。同年、最初の個展を開催。1995年、写真集『Crash landing』刊行。1996年、ニューヨーク近代美術館「new photography12」に、「世界に注目される6人の写真家」の中のひとりとして選ばれる。1997年、東川町国際写真フェスティバル新人作家賞受賞。2000年、土門拳賞受賞。2014年伊奈信男賞受賞。主な写真集に『Happiness is a Red before 』(2000)、『SPIDER'S STRATEGY』(2001)、『I CAN TELL』(2001)、『In-between 12 金村修 ドイツ、フィンランド』(2005)、『エクトプラズム プロファイリング』(2014)、『CONCRETE OCTOPUS』(2017)ほか。著書に『漸進快楽写真家』(2009)、『挑発する写真史』(タカザワケンジとの共著、2017)ほかがある。また、年内にニューヨークのPunctum Booksより初の映像論集『Beta Exercise: The Theory and Practice of Osamu Kanemura』が刊行される。

EXHIBITION写真展示情報