背景
写真家

エリオット アーウィット

Elliott Erwitt

1928年 ロシア人の両親のもとにパリで生まれる。1939年 11歳のときに家族でアメリカに移住。1944年 ハリウッドで過ごし、写真現像所で働く。映画スターのブロマイドを制作する暗室でのアルバイトで写真への興味を深めた。その後、ロサンゼルス・シティー・カレッジに進学して実際に写真を撮り始めた。1949年 ニューヨークで写真家として本格的に活動を開始する。エドワード・スタイケン、ロバート・キャパ、ロイ・ストライカーらと出会う。彼らはアーウィットの写真を評価し、その後の写真家人生に大きな影響を与えた。1951年 徴兵され、陸軍通信隊の一員としてドイツ、フランスなどで写真関連の任務を遂行。1953年 ロバート・キャパに推薦され若干25歳でマグナム・フォトに参加する。ライフなどの写真雑誌を中心に次々と作品を発表。1968年 マグナム・フォトの会長となり、その後3期務めた。1971年 初のドキュメンタリー映画を制作する。この頃より映画と写真の作品を交互に手掛けるようになる。1987年 写真の仕事に戻り、集大成の写真集と写真展の準備に取りかかる。以降、今日まで数多くの写真集を刊行している。
個展:大規模な写真展もニューヨーク近代美術館を始め世界各地の代表的な美術館で開催。
受賞:1951年 ライフ誌の写真コンテスト新人賞受賞。2011年 NYの国際写真センターより功労賞受賞。
写真集:「我々は犬である」「ふたりのあいだ」「美術館に行こうよ!」などの他、最新作に、”Home Around the World” (aperture, 2016)がある。

EXHIBITION写真展示情報