背景
写真家

永坂 嘉光

Nagasaka Yoshimitsu

1948年、和歌山県高野山生まれ。大阪芸術大学卒。1970年頃から高野山の撮影を始め、密教の源流を巡ってインド、中国、ブータンなどアジア各国を取材。日本の霊山や秘仏も数多く取材し、宗教と文化をテーマにしたスピリチュアルな映像表現で知られる。2002年、アメリカ・カーメルのウェストン・ギャラリーで個展「Echoes of the Spirit」開催後、同所で作品を常設展示。主な写真集に「弘法大師の足跡」(同朋舎出版)、「高野山千年」(ぎょうせい)、「永遠の宇宙―高野山」「空海の歩いた道」「天界の道-吉野・大峯 山岳の霊場」「空海 千二百年の輝き」(ともに小学館)など。大阪芸術大学教授として、長年写真教育の現場に携わる。
日本写真芸術学会芸術賞、日本写真協会作家賞、和歌山県文化功労賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰などを受賞。

EXHIBITION写真展示情報