背景
写真家

金子 裕昭

Kaneko Hiroaki

1968年 島根県生まれ
2000年より、アフリカタンザニアをフィールドとして真の命の美しさ、
尊さを追い求めサバンナにテントを張り、野生動物達と同じ目線に立ち、撮影活動に取り組む。
延べ滞在日数は300日を超える。
現在 日本写真協会会員

EXHIBITION写真展示情報