背景
写真家

濱田 昇

Hamada Noboru

昭和42年、木曾路で蒸気機関車に遭遇したのがきっかけで、本格的に写真に興味を感じ、以来鉄道、街中スナップ、風景、花、海外撮影と無節操に撮りためました。当時はフイルムで慎重な撮影でしたが、昨今のデジタルになり大いに撮影を楽しんで、時折写真展への応募をして楽しんでおります。
写真展
1994年7月30日~8月10日 蒸気機関車~ありし日の記憶~(コニカフォトギャラリー新宿)
2011年5月19日~5月25日「時の流れのままに~ベトナム」アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2013年 4月18日~4月24日 エレメント~デジタル in 赤外彩々~アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2017年 1月26日~2月1日 写真によるスロートーク 三崎詣(三人展です)
2017年 10月5日~10月11日 キューバの風に触れて に出品

EXHIBITION写真展示情報