背景
写真家

今井 智己

Imai Tomoki

今井智己は1974年広島県生まれ。1998年東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。『真昼』や『光と重力』など、街路や森、部屋といった日常的な風景ながらも静謐さを湛えた作品を発表。また近年では、第二次大戦時、異なる立場で写真に携わった写真家たちの仕事を丹念に追い、過去の記憶を、現在と切り離されたものとしてではなく、いま現在に寄せて来るものとして自らの視線を寄せた「In Their Eyes」(2016年)や、福島第一原発から30km圏内の数カ所の山頂から原発建屋にカメラを真っ直ぐに向けて撮影した「Semicircle Law」(2013年)などの作品を発表している。主なグループ展として、「いま、ここにいる」東京都写真美術館(東京、2017年)、「19th DOMANI・明日展」国立新美術館(東京、2016年)、「メグロアドレス」目黒区美術館(東京、2012年)、などに参加。サンフランシスコ近代美術館、東京都写真美術館に作品が収蔵されている。

EXHIBITION写真展示情報