写真画展『或( æ )』

写真画展『或( æ )』
水津惣一郎×本城葵
2022/12/13 ~ 2022/12/18
写真画展『或( æ )』
この写真画展『或( æ )』では、目に見えない神様という存在を目に見える存在として表現することを試みている。

それは、NYに在住していた際に感じた、信仰心についての違和感からだった。友人達が当たり前のように、それぞれの宗教を信仰している中、私には具体的に何を信じているということを言うことができなかった。ただ、神様のような存在は漠然と信じていて、それは何なのだろうかと感じていた。

その疑問から行き着いたのが、太古から日本に根付いている「神道」の八百万の神という考え方であった。自然や動物、物、人でさえも神様になりえるという考え方は、無意識下で日本人である私に根付いていた。人の数だけ定義があって、人によって姿は違う。だから、具体的に説明ができない。そこで私は、この八百万の神様という概念を、どうにか形にできないかと考えた。

その表現方法として取り組んだのが、八百万の神様という考え方が無意識下に根付いている二人の人間の、それぞれが信じている神様像を、一つの作品に融合するという方法であった。それに加え、これまでも共作活動をしてきた日本画家の本城葵さんと作品を制作することによって、写真が作り出す現実的な世界と絵画が作り出す非現実的な世界の共存した作品を制作した。

水津 惣一郎

本展は、2022年12月13日(火)から12月18日(日)まで、京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク2Fにて展覧いたします。
展覧会詳細はこちら