尾﨑 たまき「姫竜が織りなす愛の物語」展

レポート / 2019年5月24日

~水俣の海の豊かな美しさと、そこに生きるヒメタツの貴重な生態の数々~

尾崎さんと写真作品

2017年にタツノオトシゴの新種であることが判明した「ヒメタツ」。この小さな生き物に魅了され追い続けてきた尾崎さんが撮影された貴重なシーンなどで構成された写真展。このヒメタツ、オスが卵を育んで出産をするというのもびっくりですが、メスからオスに卵を渡すという繁殖のためのお腹をくっつけあっている姿は、まるでハートを形づくっているよう。

「同じペアで繁殖を繰り返すことも多いのも人間的というか、他の魚類と違う感じがしますし、表情もいろいろとあります。出産したその日に、また卵をもらうこともあり、意外と大食漢でご飯をよく食べるので、こう見えて実は体力があるのではと思います」。
まだまだ生態が分からない部分も多いとのこと、新たな姿を写真で拝見する日が楽しみです。

かつて水銀廃水による汚染にさらされた水俣の海で、生命をつないできたたくましい生き物たちの姿と、その生命を育む「海」という自然の力には感動を覚えます。
水俣の海に尾崎さんがはじめて潜られたころは、潜る人もなくダイビングショップもなかったとのことですが、今ではヒメタツのことを知って、海外からもダイバーが集まるようになったとのこと。

尾崎さんの温かな目線で切り撮られた、様々な生き物が生息している彩豊かな水俣の海と、そこにけなげに生きているヒメタツの姿は必見です。ヒメタツのことは写真展までまったく知らなかった私ですが、実際に見てみたいなと真剣に考えています。ぜひ会場へ足をお運びください!

【尾﨑 たまき 写真展「姫竜が織りなす愛の物語」】
会場:リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーI(火曜定休)
会期:2019年5月22日(水)~6月3日(月)
10:30~18:30(最終日16:00まで)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/…/sq…/2019/05/20190522_2.html

ギャラリーでは、写真展初日に発売された『フシギなさかな ヒメタツのひみつ』も販売されていますので、こちらもぜひ!
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4406063498

5/22に発売された『フシギなさかな ヒメタツのひみつ』