マルコ・スタマトビッチ 写真展「Slavic Circle」

マルコ・スタマトビッチ 写真展「Slavic Circle」
マルコ・スタマトビッチ
2019/08/20 ~ 2019/09/01
京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、2階「花」にて、2019年8月20日(火)から9月1日(日)まで、マルコ・スタマトビッチ 写真展「Slavic Circle」を開催いたします。

 

スラブ神話はキリスト教以前にスラブ人によって信仰されていた多神教の神話です。
古代ギリシャ、ヒンズー、中国やエジプトの神話とは異なり、スラブ神話には直伝の記録はありません。
それゆえ、彼らの元々の宗教観や伝統は何世代にもわたって口頭で伝えられてきました。このスラビック・サークルのシリーズで私は、口承で伝えられてきたこの神秘的な宗教に写真という実体を与えました。完璧なショットを作るために、私と私のチームは、自分たちですべての衣装を作り、コパオニック山まで長い旅をしたのでした。

マルコ・スタマトビッチ

 

【プロフィール】
Marko STAMATOVIC / マルコ・スタマトビッチ

1977年セルビアクラグイェヴァツ生まれ。写真家。国内外で多数の個展・グループ展に参加。ULUPUDS(National Applied Arts&Design Association)芸術写真およびデザイン部門メンバー。
Politika、REFOTO、Novi Magazin、Svetlost、CityWalker、Digital、スミソニアンマガジン等、多くの出版物に掲載。
クラグイェヴァツ大学教授、ナショナル・ジオグラフィック・セルビアの貢献写真家としても活躍。セルビアでの芸術写真の最初のフェスティバルFOTORAMA創設者。
http://fotoramafest.com/