【12/20】佐藤なーや 屋久杉玉磨き×写真展:記憶の呼吸

2020年11月10日

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク2Fにて、佐藤なーや氏による屋久杉玉磨きワークショップを開催します。

【日程】
2020年12月20日(日)13:00-18:00

★6名限定、有料イベントになります。
詳細・参加予約はこちらをご覧ください。
★お問い合わせ/お申し込み先 artfulsha@gmail.com

☆屋久杉玉磨きとは
屋久島には、千年を生きて初めて屋久杉と呼ばれる長老が棲んでいます。中には樹齢3000年を超えている屋久杉も。。ワークショップで使用する原材料は、僅か1%以下の確率で森から里の海岸に流れ着いた屋久杉です。山から搬出することができない今、希少な素材となっています。
屋久杉は3年以上乾燥させ、切り出した木の中に浮かび上がるフォルムをフリーハンドで削り出します。
ワークショップでは、この屋久杉が曼荼羅のように並び、インスピレーションで1つ選んでいただくところから創作がスタートします。
0~8次元のヤスリの段階があり、磨いているうちに屋久杉が自分の分身のように感じられていきます。流木だった屋久杉は磨きによって再生され、不思議なくらいの透明感を放ち完成します。
千年に一度の出会いから始まり、屋久杉の甘い香りの森林浴の中、天然無垢の屋久杉を直に触る。
心身ともに五感で感じる木の温もり、無心となり時間を忘れるZENなるとき。いつか大地に還っていくまで、屋久杉とのサステナブルな旅の始まりとなりますように。
小学生からご年配の方まで、ビギナーの方でもマスター級の仕上がりになり、世界で一つだけのオリジナル作品をお持ち帰りいただけます。
アクセサリーにされる屋久杉には穴をあけ紐をご用意しております。

※用途
ネックレス キーホルダー 香り木 かんざし 赤ちゃんの初めての木のおもちゃ 歯固め お守り 握り木 ワンド リハビリ磨き 動的瞑想体験 自由研究 e.t.c

※【ウッドデザイン賞2017受賞】
コミュニケーション分野 ハートフル部門
(林野庁補助事業)
屋久杉玉磨きPV公開中

「なーや」
北海道出身 屋久島在住
屋久島の水晶とのご縁から、2007年よりクリスタルボウル奏者として音を紡ぐ。水晶の音と、スズ製の日本のボウルや、銅のシンギングボウルなどの異素材の音で倍音を重ねる独自の演奏スタイルを確立。樹齢千年を超える屋久杉の流木を磨く「屋久杉玉磨きWS」では、千年杉の香りや自然から作られたフォルム、微細で力強い木のエネルギーを各地へ届け、ウッドデザイン賞2017受賞(林野庁補助事業)。屋久島ではナビゲーターガイドとして、リトリートツアーを行う。また写真家活動として20年以上地球の命を撮り続け、2018年北海道美唄アルテピアッツァ、京都写真美術館にて個展を開催。2020年12月、京都写真美術館にて「呼吸する記憶」展が決まっている。アートフル舎 主宰
HP 
ONLINE SHOP