工藤 智道「列島創生」展

レポート / 2019年6月10日

~繊細な季節の移ろいによって異なる日本の風景が育まれ形づくられた自然美に圧倒される写真展~

工藤さんと写真作品

風景写真家として活躍されている工藤智道さんが講師を務めるキャノンクラブPhoto910東京の写真展と合わせ、実を言うと初個展となる珠玉の45点が展示された写真展「列島創生」。
「個展開催に向け写真を選び絞り込んでいくうち、自分の写真の本質とも言うべき、日本の風景ができあがってきた原風景的なものが見えてきました。作り上げられてきた自然ということから、このタイトルを決めました」とお伺いしました。

日本各地で撮影された風景写真の数々は、繊細かつダイナミック。今まで自分が目にしたことのない、季節によって異なる自然の姿に圧倒されます。

「ずっと風景写真を撮っていますが、年齢を重ねるにしたがって、撮る写真が自分の中で変わってくるんです。今の僕の感覚だとこの(写真展の作品が)世界観ですね。この写真展をきっかけに、ここからさらに広げて第二段、第三段ができたらなと考えています」。
日本特有の自然風景を工藤さんの視線で切り撮られた作品の数々。そこに自然の意思を感じる美しい幻想的な一瞬に出会いに、ぜひ会場へ足をお運びください!

【工藤 智道 写真展「列島創生」】
会期:2019年6月5日(水)~6月11日(火)
平日:11:00 ~20:00
土日:11:00 ~19:00
(最終日17:00まで)
会場:ヒルトピア アートスクエア
http://hilartsq.com/schedules/fairs/index.html

写真展初日に合わせて期間限定で写真集も発売されていますので、こちらもぜひ!
(A3スクエア、50ページ、定価:22,000円)
https://store.canon.jp/online/g/g3616V209/

期間限定で販売されている写真集が見本として置かれているので、
写真展で実際に手に取って見ることも。