森口 奈々写真展「おじさまコレクション」

レポート / 2019年8月31日

~それぞれの「おじさま」たちの、生きてきた道や本質的な魅力を感じる写真展~

会場にて、森口さん

タイトルに惹かれギャラリーに足を踏み入れると、1階と半地下のスペースに100人もの「おじさま」たちの作品が。自分の人生でも、この短時間でこれほど多くの「おじさま」を見るのは初めてのこと。これらを撮られることになったきっかけなど、お話を伺ってきました。

プロフィールとステートメント

-このテーマで写真を撮られるようになったきっかけなど教えてください。

「あまりこの年代の方を撮ることがないなと、最初に父を撮り次は父の友人となっていったのがきっかけですね。撮影はおもしろく、自分より人生経験を重ねた方たちのお話は楽しくて、『僕の友人も紹介するよ』と言っていただくうちに、あれよあれよという間に100人に到達しました」。

-展示のプリントサイズや立体的なフレームなどが特徴的でおもしろいですね。

「最初は大小合わせての組み合わせで、緩急をつけた展示など考えていたのですが、せっかく100人撮ったのなら全員を出してみては、というアドバイスもいただき、すべて同じサイズで並べました。見え方としてもおもしくろくなるなと感じ、最終的にこのサイズに」。
並べ方も、この方からこの方を紹介してもらってという、ツリーのような裏テーマもあるとのこと。作品が倍楽しめる情報ですね。

-いろいろなところで撮られていますが、どういう感じで撮られたのでしょうか。

「私から場所や服などは指定せず、日にちと時間だけ調整し、撮られる方それぞれのご自宅や職場の近所などで、1時間ほど散歩やお話をして撮影をしました。最初は同条件で撮っていくという案もあったのですが、結果的にこの撮り方が自分に合っていたなと思っています」。

-撮影した方の写真展を見られての感想など教えてください。

「ご家族と見に来られた方が『カッコイイね』とご家族に言われていたり、みなさんに喜んでいただけて、私も本当にうれしいです。写真展になるかどうかも分からずはじめたことだったので、こうして形にして発表することができて、感謝の気持ちを表すことができたかなと思っています」。

ギャラリーの表に飾られているポスター

「こういった作品づくりは楽しくてやっているのですが、人が好きだなとあらためて感じました」と伺ったのが印象的でした。
普段マジマジと見ることがない、この「おじさまたち」の魅力を再認識する写真展。森口さんとモデルの方とのコラボレーションで生まれた、信頼やあたたかい気持ちが写真から伝わってきて、見ている私たちの肩からフッと力がぬけるようなヒーリング効果も!ぜひ会場へ足をお運びください。

会場に置かれているブックは、写真展に飾られていない写真も収録されていて見応えたっぷりです

【森口 奈々写真展「おじさまコレクション」】
会期:2019年8月28日(水)~9月2日(月)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:アメリカ橋ギャラリー
https://americabashigallery.com/exhibitions/#exhib_2519

森口さんのWebサイト
https://www.nanamoriguchi.com/