山崎 エリナ写真展「インフラメンテナンス ~日本列島365日、安全・安心の守り人~」

レポート / 2019年10月18日

~インフラを支える人たちの姿に迫り、生き生きと描き出した写真展~

会場にて、山崎さん。
会場には写真集『インフラメンテナンス』も販売されています。

ステートメント

- このテーマで撮られることになったきっかけについて教えてください。

「福島県の建設会社から現場を撮ってみませんかという依頼があり、『ぜひ撮りたいです』と福島に行き、草刈り作業をしているところがはじめて撮った現場になります。インフラメンテナンスの一環に、草刈りまでが入っていることにまず驚き、作業している人たちを只々すごいと思いました。頭のどこかで分かってはいたはずなのに、人の力によって安全が守られていたことを目の当たりにして、もっと撮りたいと思い、2017年の秋から今も継続して撮り続けています」。

現場の方たちの、過酷な環境下の中で集中力を切らさずに技術力・体力のいる作業をすすめているとお聞きしました。

- 危険な環境の中での撮影もあったかと思うのですが?

「高速道路での現場では、そばを走行するトラックのスピードで体が浮くような時もありました。自身がこうして体験することで、危険な環境下の中で命がけで作業している人たちに感銘を受けましたし、繰り返しになりますが私たちが享受している当たり前の安全を、この人たちが守ってくれていることに、現場のこわさも忘れ魅いられてしまいました」。

撮影するうちに現場の方たちと物理的な距離だけでなく、気持ちも近づいていくことができたとのこと。

「今現在も台風の被害を受け、懸命に復旧作業をされていると聞いています。ニュースに取り上げられる人たちだけでなく、この写っている人たちのような土木作業に従事されている人たちがインフラを守ってくれていることに、気づいてくれる人が増えていくと嬉しいです。またその現場の方の思いを伝えていければと思います」。

最期に、このインフラメンテナンスに携わる人々の魅力を、これからも伝えていければとお聞きしたのが印象的でした

自分たちが当たり前に生活していること。それらを維持していくために真剣に取り組んでいるたくさんの方たちがいることをあらためて知り、感謝の気持ちでいっぱいになりました。作品から感じる人々の真剣な姿から熱量や誇りだけではなく、物事に取り組む勇気もいただけたような気がします。ぜひ会場へ足をお運びください!

山崎さんのプロフィール

10/19(土)13:00~14:00にトークショーも開催されます。撮影時のエピソードをはじめ撮影でお世話になっている建設会社の方のリアルな現場の声なども聞けるかもとのこと、ご興味のある方はこちらもぜひ!

【山崎 エリナ 写真展「インフラメンテナンス ~日本列島365日、安全・安心の守り人~」】
会場:リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーI(火曜定休)
会期:2019年10月16日(水)~10月28日(月)
10:30~18:30(最終日16:00まで)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareshinjuku/2019/10/20191016.html

山崎さんのWebサイト
http://www.yamasakielina.com/