立木 義浩

Tatsuki Yoshihiro
1937年、徳島県・徳島市の写真館に生まれる。
1958年、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)技術科卒業。
その後、広告制作会社アドセンター設立時にカメラマンとして参加。
1965年『カメラ毎日』で掲載された『舌出し天使』が話題となり、一躍世間の注目を 集める。
1969年、フリーランスに転身。女性写真の分野を中心に、多く著名人を撮影。同時に世 界中でスナップ写真を日常的に撮り続け、多くの作品を世に送り出す。 その他、広告・雑誌・出版など幅広い分野で活動し、現在も現役カメラマンとしてシ ャッターを切る。
主な受領歴に、日本写真批評家協会新人賞(1965年)、日本写真協会賞年度賞(1997 年)、日本写真協会賞作家賞(2010年)、文化庁長官表彰(2014年)などがある。
[近年展覧会]
2018 銀座channel 「白と黒の協奏曲」
2018 原宿BOOKMARK「舌出し天使 A FALLEN ANGEL」
2019 上野の森美術館 「時代」
2019 LEICA GALLERY 「まばたき」

[主な著書]
1971 『GIRL』『私生活/加賀まりこ』 1980 『MY AMERICA』
1990 『家族の肖像』
1998 『東寺』
2001 『KOBE・ひと』
2007 『ありふれた景色』
2012 『小女』『Tōkyōtō』
2013 『étude』
2014 『Yoshihiro Tatsuki 1〜8』
2016 『動機なき写真』
2018 『舌出し天使 A FALLEN ANGEL』 2019 『20C』
など他多数