清永 安雄 インタビュー

Web写真展 Vol.045 / REAL


Q. 写真を始められたきっかけ
A. 19歳のとき、アーロン・シスキンドの写真展を見て、こんな写真を撮ってみたいと思い、はじめました。

Q. 影響を受けた写真家
A. アーロン・シスキンド、ジャン=ウジェーヌ・アジェ

Q. 今回の WEB 写真展の作品で使⽤されたカメラ(もしできれば、お気に⼊りのカメラなどもあれば)
A.使用カメラ:FUJI GFX
それまで別のメーカーのカメラを使用していましたが、FUJIのカメラを使用したときの”ピントが合う”という感覚に感動を覚えました。造花と生花との違いなど、被写体の質感が明確に写るところが良いですね。

Q. 写真と立体を組み合わせる手法を始めた理由
A. 写真と絵画を比較して、ありのままを写す写真はどこか冷たく、見る側とは距離があるように感じます。それは感覚的なものではありますが、今回の作品は本物の木を使用することにより、平面が立体的になることで存在感を感じさせ、写真と見る人との距離を近づけられるのではないかと考えています。

Q. 今後撮影されたいテーマなど
A. 次回作は、蜜蝋に写真を転写する技法で作品を作る予定です。

Q. ユーザーに向けてのメッセージなど、ご⾃由にどうぞ。
A. いま一度、写真のあり方について見つめ直すときだと思っています。自分のなかにある写真という概念を一度壊して、”写真とはいったいなにか”を問いかけてみてください。

Q. HP、SNS 情報
A. Web:https://kyoto-muse.jp/kiyonaga/
Instagram:https://www.instagram.com/kiyona_kmop/